自社商品に女性からの視点を取り入れて新しいアプローチを考えたいと思ったら『女子ラボ』まで

新着情報

2013年1月23日付
中日新聞朝刊に掲載されました。
2012年11月~2013年1月
名古屋短期大学のゼミにて女子ラボを実施しました。
2012年11月7日~10日
『メッセナゴヤ2012』に出展しました。
上記会場にて異形真珠と木材新製品の公開アンケート評価実施。
2012年9月5日
7月21日名古屋市内で”野菜を使ったスイーツ”活動レポートを公開。
2012年7月20日
『女子ラボ』Webサイトをオープンしました。

実施例

野菜スイーツ
木材新製品、異形真珠
名古屋短期大学ゼミ
野菜スイーツの商品レビュー、パッケージデザインの考案 野菜スイーツ デザイン・価格・ネーミング等について、メッセナゴヤにて公開アンケート評価 木材新製品、異形真珠 異形真珠のネーミング、ローソク新商品のアンケート作成・集計 名古屋短期大学ゼミ
お茶の入浴料
真珠ストラップ
ひのき精油
商品評価(使用感の評価)、プチギフトとして使える1個入りのパッケージデザイン提案・制作 お茶の入浴料 高級感を出したパッケージデザイン提案・制作 真珠ストラップ 商品評価(使用感の評価)、土産物から愛好家向けへターゲット・価格の見直し ひのき精油

『女子ラボ』5つのポイント

感度の高い女性の視点による商品評価、新商品開発

女性のニーズをいかに取り込むかが売れる商品づくりに欠かせません。メンバーが実際に商品を試食したり使ってみたりした上で、感度の高い「女性」の意見を集め、商品評価をさせていただきます。また、「女子ラボ」のメンバーは20歳代~40歳代を中心として18歳~69歳まで幅広い年代が集まっています。ご依頼の商品やサービスのターゲットに合わせてメンバーを選定します。

東海地区最大マーケット”名古屋の声”発

「女子ラボ」のメンバーは東海3県在住・在勤の女性ですが、主に名古屋を活動拠点にしている方が多くを占めます。“地元では売れているけれど大きな消費地での反応を知りたい”という事業者様に、東海地区最大マーケットである「名古屋」の感度の高い女性の声をお届けします。

代表は中小企業診断士

「女子ラボ」の代表(マネージャー)は経営支援の専門家である中小企業診断士です。もちろん女性です!専門家が商品評価の場をファシリテートしてメンバーからより深い意見を引き出し、単なる意見・感想の集約ではなく分析も加えたご報告をさせています。

専門家による支援・助言と組み合わせ

当社では、専門のコンサルタントが地域産品を活用した商品開発や販路開拓、観光まちづくりなど地域資源の強みを活かした元気なまちづくりに取り組んでいます。専門家によるコンサルティングを行う中で、必要に応じて「女子ラボ」を活用し女性の視点を取り込むというご利用方法も可能です。

社内デザイナーとの連携

当社は社内にデザイナー・WEBクリエイターを擁して、WEBコンテンツ制作、画像撮影・編集・配信、各種商業デザインなどの業務を提供しています。「女子ラボ」の商品評価を受けて商品パッケージやPRツールを作り直したい!というご要望にもワンストップでお応えしています。